2009年 05月 21日
Grooming.....英国式グルーミング(トリミング)。。。その4..
18日の記事でご紹介したBBCの番組のことで、触れておきたいことがあります。
この番組が放映されてから、各犬種クラブは大きなミーティングを開いたようでした。
そして、KC(↓*注釈参照)は、ブリードスタンダードを改める方向になりました。
e0158619_5461256.jpg
このBBCの番組の後半に、キャバリアのところで登場する女性二人がいます。キャバリアをこよなく愛する一愛犬家のキャロル・ファウラーさんと、もう一人、有名なキャバリアのジャッジであり、ブリーダーであり、キャバリアのクラブの役員もしている方"マーガレット・カーター女史" 私は、この番組をご覧になる全ての方々に、彼女に注目していただきたいと思います。
彼女は、クラブのヘルス・コミッティ(保健委員長)でした。彼女は、どのスタッドドッグがどんな検査をパスしたか、しなかったか、そして、いつ交配に使われ、何頭の子犬が繁殖されたかを全て把握しています。その人が、御法度の公開をしたのです。
これは、全て犬種を守るため、健康な仔を継承するための、大荒療治だったわけです。彼女は多くの敵を作り、クラブの役員を除名されました。しかし、その後、多くの会員の希望により、保健委員長に返り咲いています。

ブリーダーとは、こういう人じゃなければいけないのです。因みに、この方のブリーディングした仔犬は、ショーにも出せるハイクオリティであり、遺伝性疾患が極めて出にくいように、しっかりとした検査もしてあって、値段は8万円程度です。
日本のブリーダーさんは、彼女ほど力量がなくても、検査などしていなくても、これ以上の値段を要求していませんか??
"Pedigree Dogs Exposed"
e0158619_732899.jpg
NHK BS世界のドキュメンタリー"イギリス 犬たちの悲鳴〜ブリーディングが引き起こす遺伝病〜"
5月29日金曜深夜(土曜午前)0:10~1:00にNHK BS1にて放送決定!

注*ケンネルクラブのことですが、イギリスは世界で最初にできたクラブですから、ジ・ケンネルクラブと言います。母音で始まりませんが「The ザ」ではありません。同様にゴールデンレトリバー・クラブも、ただGRCと称しますし、フラットのクラブ、FCRSも同じです。


さて、今日のグルーミングは、足の部分です。 034.gif
放っておくと、足先、指の股からむだ毛が飛び出したりします。それは、肉球側に押し込んで、肉球側で揃えて切ります。肉球の間、内側まで深く切ってはいけません。
e0158619_6221191.jpg
爪の上側は切ってはいけません。
e0158619_6323049.jpg
この時点で猫の足のようにしてあげ、外側は、気になるようならクリッピングナイフで仕上げます。
e0158619_6364633.jpg

これは、前足のパスターンです。自然な感じになるように片刃スキバサミで整えます。
e0158619_6384399.jpg

後ろ脚のパスターンは、写真が分かりにくくなっていて、申し訳ないのですけど、脚を持ったらコームで、全体の毛を右に寄せて、はみ出た部分をスキバサミでシャキシャキ切り落とし、もう一度逆側にコームで梳かしよせて、左側でも切り落とします。これは座りながらできます。
e0158619_64508.jpg
立たせて居られるようでしたら、↓のように後ろに向けて、むだ毛を立たせてから切ります。
e0158619_6462141.jpg


次は「トラウザー」と呼ばれる、後ろ肢、太腿の後ろ側の飾り毛ですが、ここは、あまりにも多すぎて、モッコリしてしまうようなら、スキバサミで梳いてあげますが、あまり触らずにおくことです。ただ、踵からはみ出すほど長くなった毛は、オーバーコートでも、ほんの少し、踵に合わせてあげます。
e0158619_654342.jpg


次はお顔のウィスカー(ヒゲ)とマズルの毛ですが、こちらでは、長いヒゲは切りません。眉毛も残しています。切るのは鼻のすぐ下と、下あごのむだ毛です。ただし、切っていても、ショーの審査には影響しません。また、一度切り出すと、つい切り続けてしまいます。。。。
そういう場合は、ちゃんとヒゲの根元から切ってあげるほうが良いようです。その際には、先丸バサミを使う方が安全です。私はカットばさみでやってしまいます。
①②③はウィスカー(ヒゲ)④⑤⑥は鼻のしたの毛を短く揃えます。
e0158619_712928.jpg
e0158619_71576.jpg


後はお風呂に入って、シャンプーしてもらいます。オーナーさん好みのシャンプーとコンディショナーで、綺麗で良い香り〜〜〜016.gif
その後は、しっかりとタオルドライします。
e0158619_71146.jpg

フラットは、乾きやすいですが、ゴールデンは、なかなか乾きませんから、ドライヤーを使ってあげてください。ある程度乾いて、できればブラシで、毛を撫でお越しながら、正しい方向に毛を向けながらドライヤーを当てます。この時、シッポの下側「菊の御紋章周辺」は、できるだけ熱い風を当てないようにしてください。この周辺を冷やしたり、熱い風をあてたりすると、シッポが股の間に入ってしまうようになり、ショーなどでは、良いポーズがとれません。ご注意ください。★印の辺りです。
e0158619_721596.jpg

その後、人間で言う「ヘアーネット」を着けます。
これは、伸縮性のある素材で作られたネットです。
e0158619_7215259.jpg
使わなくなったネットカーテンなどがあれば、それで充分です。ちゃんと毛の方向を定めてから巻き付けてください。
e0158619_7234338.jpg


駆け足で、大まかにご紹介しましたが、大体こんな感じです。分かりにくいところもあるかと思います。そういうとき、どうか遠慮なさらないで、訊いてきてください。私で分からないところは、経験ある、有名ブリーダーさんに訊くことが出来ます。みなさん親切に教えてくれますから、ご心配なく!!045.gif

いつもの「おまけ」ページにて、私の好みのショードッグたちをご覧に入れますね!
下の☆☆印をクリックください。







☆☆☆☆☆☆



まずは、クラフト展を勝ち抜いた男の仔たちです。ちとお疲れ??
e0158619_73394.jpg


大好きな女の仔たちです。♀でも毛吹きが非常に良いです。
e0158619_73539100.jpg


最近の注目犬です。フラットはAlmanza犬舎の仔、ゴールデンはFenwood犬舎の仔です。
e0158619_7381142.jpg


他に、現在のGRとFCRの父たちを以前の記事 "名犬とは。。。" にてアップしていますので、よろしかったら観てみてください。

長々と拙いグルーミングに付き合っていただき、ありがとうございました!!
重ねて申し上げますが、分からないところや、訊きたいことなどは、どうか遠慮なくコメント欄に書き込んでくださいませ!!

それでは、今日はこれで〜〜〜、お休みなさい!014.gif

BFN・・・・029.gif
[PR]

by b-and-j | 2009-05-21 08:00 | UK dogs


« blog-top.... << また新調しました。。。。      Grooming.....英国... >>