2009年 06月 17日
The DOGS of the bay....? ・・・その1
ちょっぴりご無沙汰してしまいました。。。039.gif

もう2年近く前になりますが、HPのほうでご紹介したことがあるモーカム・ベイ・ウォークですが、年間に何度がチャレンジできます。以前にも申し上げたのですが、ほとんどの人がチャリティで参加します。前回は、ジャスパーだけを連れて、小児癌で苦しむ子供達のための寄付ができるチャリティで参加し、HPのオープンページに写真を使いました!あの時は秋でしたから、陽の差し方が今回とちがったようです。(これは、ジャスパーの手術前の画像です)
今日のsoundは、タイトルに因んで ご存じ、彼のこの曲 でいかがでしょう!017.gif
e0158619_6504848.jpg


さて、このアイリッシュ・シーに面したモーカム・ベイ、湾岸に電車が通るようになるまで、かなり昔から人々が引き潮時に渡っていたそうです。ほとんどの場合、アイルランドからイングランドに上陸して、最短の距離でランカスターなどの街にいくための手段だったようです。しかし、砂質が粘土質で、足が捕らわれやすいことと、満ち潮になると、その水嵩の増す速さは、ちょっと想像しにくいほどで、過去に何人もの犠牲者が出てしまいました。最近では、2005年に中国からの不法労働者が30人近く亡くなっています。アサリに似た貝を不法に捕っていたときでした。。。

ベイ・ウォークのルートはこれです。今回は2の短い方です!
e0158619_772193.jpg

実は、今回はDaddyとワンズだけです。。。今回は、癌研究へのチャリティ・ウォークにしました。001.gif ですから、この写真群、Daddyが古いコンデジで撮りました!でも、カメラを水に落としたら大変です!!前回もコンデジでした。秋とは光の加減も違います。あの時は良い写真が撮れたのです。。。。017.gif
まずは、電車に乗りました。フィービーは初めてです!ジャスパーは数回乗ってますよ!
Daddyのお友達の子供さんが、引いてくれるというので、一応マズルコントロールを着けておきました。車で到着地点まで行って、駐車しておき、電車で出発地点に向かいます。
e0158619_7165230.jpg

スタートしました。
e0158619_7185137.jpg
e0158619_894212.jpg

お水のあるほうを、わざと行くふたり。。。。027.gif
e0158619_7213762.jpg

Daddy、狙ったようですが、そう簡単にHPの扉写真のようにはいきません。。。。
e0158619_7235184.jpg
e0158619_7244888.jpg

浅かったり、深かったりする水辺ですが、一箇所は、どうしても大人の膝上まで届く水嵩の場所を越えなければ行けません。
e0158619_7254947.jpg
e0158619_7323651.jpg
e0158619_734171.jpg

この人達は、免許を持っている水先案内人さんです。そして、手前の枝は目印で、ローレル(月桂樹)の枝です。ローレルは水に強く1本で、およそ2週間もつそうで、700年も昔から使われていたという記録があります。ここより先は行ってはいけませんという感じらしいです。
e0158619_739287.jpg

J:フィービーは僕よりチビですからね。。。。
e0158619_7403981.jpg
e0158619_742237.jpg
e0158619_7424532.jpg
e0158619_7433695.jpg

J:いつもの仕返しなら今しかない!!
e0158619_7442068.jpg

大体8Kmくらいなのですけど、落伍者のために車が用意されています。
e0158619_7474987.jpg

今回、落伍者はけっこういらしたようです。毎日ルートが変わりますから、直線で渡ることはできません。
e0158619_7512451.jpg


今回は、お天気もよくて、とても楽しかったそうです。
写真は沢山撮ってきてくれたので、明日も、もう少し観ていただきますね。

BFN・・・・029.gif
[PR]

by b-and-j | 2009-06-17 08:17 | Scenery


« blog-top.... << the DOGS of the...      英国式グルーミング・サンプルで... >>