2011年 02月 20日
本来の姿にもどすとは。。。
相変わらず曇の厚い日々が続いています。でも、晴れるときは気持ち良く、気温も高くなりました。
いつも行く公園では、雨の合間を縫って、沢山のワンズが一斉に出てくるので、ちょっと混んでいます。

数週間前から、公園の花をつけないシャクナゲが大規模に伐採されています。
植物を植えることは、各地でなされていますが、公園内で、こんなに大がかりな伐採とは、どうして??
と考えさせられてしまいました。
そんなときに思い浮かんだのは、まだ小さい頃の 彼のこの曲 でした。(日本のジャ○ーズ事務所の方々も、たまには、これくらい歌える若者を選んでいただきたいものです。017.gif )
e0158619_7271421.jpg


いつものように、High Fieldでボール遊びしています。ちょっぴり晴れ間も出て、気持ち良い!001.gif
e0158619_7292474.jpg
e0158619_730895.jpg
e0158619_7303719.jpg

お腹は濡れてしまうけど、足の長い芝の上なら、汚れないので休ませられます。045.gif
e0158619_7311967.jpg


さて、公園に向かいました。
以前は、メモリアルの噴水階段の脇は常緑の花の付かないシャクナゲでおおわれていました。
鬱蒼としていましたから、ワンズが入っていってしまうと、ダニー君をつけて帰ってきたり、中にはウ○チ君をしてしまう仔もいたはずです。。。でも片付けに行けないですから。。。。027.gif
e0158619_7365421.jpg
e0158619_7371815.jpg

すると、こういう説明があちこちに建てられていました。
e0158619_7382266.jpg

確かに、シャクナゲはイギリスに古来からある植物ではなく、18世紀だったか、アジア(ヒマラヤ)から持ち込まれた植物でした。常緑で、花をつけるものは、大きくて大変に美しいので、多くの地主たちは競い合って植えたものだそうです。アッシュトン卿も同様だったのですね。
外来種で、大変に強い植物だと、きちんとした手入れが必要、放っておくと土着の植物を押しのけ、そこに住み着いていた動物をも追い出してしまうことがあるようです。

どうやらここも、本来育つべき植物が変わって植えられるようです。そのためには、持ち込まれて大きく育った外来種の植物は、伐採されることになる。。。。ちょっと哀れな気がしました。。。。

さて、今日は久しぶりにおまけがあります。
あ゛、でも写真はできあがりではないのですよ。。。。






.
.
☆☆☆☆☆☆☆


J : 僕はこんなお顔になっちゃいますよ!!003.gif
e0158619_7585698.jpg

P : なになに??良い匂い!でも、わたしは知らないものみたいね。。。。023.gif
e0158619_802428.jpg


これなんです!Daddyが、張り切って買ってきました。なんだか、とっても分厚い!!
そう、ご存じ Tボーンステーキ! T字型の骨の脇はサーロインとフィレ!!!ビーフ好きにはたまりませんよね!017.gif
うっかり出来あがり写真を撮らずに食べてしまったんです。。。。026.gif
e0158619_84320.jpg

ランカスターとカンブリアでは、マーシュランドと言って、土地に塩分が含まれている場所があり、そこで育てられた牛や羊は、そこの草を食べているので、食材になると、ほどよく塩分を含んだ美味しいお肉だと言われます。
でも、なんだか血圧の高そうな牛さんや羊さんなので、不健康なのではないかと、考えてしまいますが。。。。027.gif
それに、、、、もう私は片側のフィレだけで充分かもしれないです。。。009.gif でも、けっこう美味しかったです!そして、T型骨は、フタリにあげました!もの凄い喜びようでした!!


BFN・・・・029.gif


.
[PR]

by b-and-j | 2011-02-20 08:17 | Jasper&Phoebe


« blog-top.... << 都会の空気は・・・      I'll come r... >>