2011年 05月 05日
心配は尽きず。。。
日本では、ゴールデンウィークも酣かと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?
私、つい最近に日本のカレンダーを見て、4月29日が「みどりの日」から「昭和の日」に替わっていて「みどりの日」が5月4日になっていたことを知りました。確かに、4月29日は昭和天皇誕生日で、私などは、天皇誕生日というと、ゴールデンウィークの始まりであったことのほうが馴染みがあります。
なぜ最初から(昭和天皇が亡くなった直後から)「昭和の日」にしなかったのでしょうか?? 「みどりの日」というのは、昭和天皇が、植物をこよなく愛したから着けられた名前の日でしたけどね。。。。039.gif

今日のsoundは、連休には関係ないのですが、思う事があって彼らのこの曲 にしました。
e0158619_0185510.jpg



巷では、極悪テロリスト集団の親分と言われ、生死を問わない指名手配を受けていた、 オサマ・ビン・ラーディンが、米国特殊部隊に発見され、射殺され、発表されたときには、すでにアラビア海にて水葬も済んでいたと報道されました。米国内、特に9.11の惨劇を目の当たりにしたニューヨークでは、お祭り騒ぎのようでしたが、果たして、本当に、本物のオサマ・ビン・ラーディンだったという証拠があるのでしょうか?そのまま鵜呑みにしても良いのでしょうか? 
e0158619_1165539.jpg


プレス・カンファレンスなどで、質疑応答がなされ、様々な質問が飛んでいました。中でも多かったのが、どのように殺されたのか?という質問でしたが、何故そんなことを質問するのでしょうか? 米国大統領を含むヘッド・クォーターが、特殊部隊の着けたウェブカムのようなものから送られる映像から、リアルタイムの現場に立ち会っての射殺であったようでしたが、本当に射殺に立ち会った証拠とは言い切れません。でも、どう殺されたかという詳細な一部始終を一般の人々が知る必要があるのでしょうか?
かといって、詳細にを質問しない限り、信憑性に疑問有りとも言えますよね。。。。009.gif
親分がいなくなっても、テロリストが全ていなくなったことにはならないですからね。。。。



さて、地球上のテロリストも、放っておけないのは確かですが、ワンズを家族として暮らす者たちにとって、もっと、もっと心配で、放っておけない憎っい奴がいます。医学上の名前は、日本語でも英語でも色々とあるのですが、私にとっては、コイツ等のことです!031.gif
e0158619_23505382.jpg


どちらも知らない間に愛する者の身体に浸食し、自らを肥やし、執拗にひっついています。
ブヨンのほうは、通称「良性」と言われるできもので、ツルッとしていて、小さいうちに取ってしまえば、大したことなく済みますが、往々にして、気づくとすでに大きい状態なことがしばしは。。。美観を損なう場所じゃなければ、確認後にそのままにしておくことも多いと思います。 しかし、ジャバ・ザ・ハットのほうは、所謂「悪性」と呼ばれる腫瘍で、一筋縄ではいきません。皮下にすぐのところなら分かりやすく、触った感じも、見た感じも、ちょっと堅くてボコボコしていたら、ジャバだと疑ったほうが良いと思います。

どの犬種にも現れる病気ですが、特に多いとされるのが、私の愛するガンドッグたちです。007.gif
その中でも、我が家の主治獣医曰く「Tumor Factory( 腫瘍工場)」と称されるのが、ジャスパーの犬種、フラットコーテッドレトリバーです。
現在、私の知っているレトリバー種の仔たち数頭が、ジャバと闘っています。イギリスでも、日本でも。。。。
毎日、願いを込めた元気玉を飛ばしています。届いてくれていると良いのですけど。。。。017.gif

e0158619_0105822.jpg
e0158619_013779.jpg

ほんと、ブヨンもジャバも、ぼくたちを悩ませます。。。。ぼくは獣医さん嫌いだし。。。015.gif
(でも美味しいものくれるですよ!023.gif )
e0158619_0145369.jpg

わたしも獣医さん嫌〜〜い!!021.gif
e0158619_024091.jpg

フィービーは先週、獣医さんにお世話になりました。。。。015.gif
4月に入ってから、晴天が続き、乾燥した天気のイギリスでは、山火事もあちこちで発生しています。水分を失ったフィールドでは、芝が枯れているところもあります。
フィービーは、ショーにも出ていたので、爪の手入れは嫌がりませんから、比較的短く切ってあります。
芝に水分がないと、芝根が強くなり、爆走しているワンズの爪が引っかかりやすくなり、気をつけないと爪をはがす怪我を負ってしまいます。少し長めの爪だと、完全に引っかかり、もぎ取れてしまうのですが、手入れをしてあるような爪だと、中途半端に残ってしまうことが多いそうです。
フィービーちゃん、やってしまいました。。。。008.gif 獣医さんで、ちょっぴりラリッパッパにされてから局部麻酔で、しっかりと全部はがしてもらいました。。。痛々しいのですが、バンテージはしないでおくようにとのこと。。。乾かすことが肝心と!!017.gif
ちょっと苦手な方もいるかと思いますので、小さめの画像で。。。
e0158619_0382943.jpg

運動は、そこそこにしておかないといけないのですけどね。。。血が出たって、へっちゃらな仔。。。027.gif
e0158619_042516.jpg


そして、もうヒトリ・・・ジャスパーも、明日は半日入院。。。005.gif
ぼくは獣医さん、嫌いですよ。。。。021.gif(美味しいものくれるかな。。。039.gif )
e0158619_0431355.jpg

ジャスパー君は、身体に、いくつかブヨンがひっついています。。。5歳を廻った頃からだったでしょうか。。。
発見する度に、焦って獣医院に行くと、主治獣医は、その場で生検してくれますが、今までは毎回、研究所に確認して貰うために採取したものを送るまでもなく、ブヨン(脂肪腫)だとその場で判断してくれました。でも、7歳を廻ったときから、獣医はジャスパーには慎重になりました。

今回できた「デキモノ」は、場所が悪い!! 一応は、いつものように、その場で生検してくれましたが、今回は念のために研究所に細胞診断をしてもらいました。そして、昨日結果が出てブヨンだとハッキリしたので、ちょっぴり安心しましたが、場所が悪いので、取ってしまうことになりました。
場所はココです。。。。骨と皮と筋しかない場所なので、術後も厄介な感じ。。。。008.gif
濡れていると分かりやすいので、この画像ですが、この大きさになるまで気づかなかった私。。。。反省してますぅ。。。025.gif
e0158619_0523952.jpg


ブヨンだからといって、なかなか侮れません。。。。
腫瘍工場と呼ばれる犬種だから、仕方がないですよ。。。と獣医さんは言いますが、分かっていても心配です。。。
この獣医さん、奥様がFCRが飼いたくて仕方がないらしいのに、腫瘍工場だからダメと言い続けているようです。だから、ジャスパーが行くと、奥様がいるときは一緒に出て来てくれます。

今までは、嫌がることなく獣医院に行きましたが、だんだん嫌がるようになるのでしょうね。。。。
e0158619_113582.jpg

速く治りますように。。。。 良い仔にして、頑張ろうね!



BFN・・・・029.gif


.
[PR]

by b-and-j | 2011-05-05 01:29 | Jasper&Phoebe


« blog-top.... << ただいま〜♪       Blue Bells Fore... >>