2011年 10月 20日
Take the A ... Road...☆
今日は最高気温が、いきなりの一桁で、風も強く、お散歩で歩き出すと鼻水がじわっと出て来ました。。。
明日からはまた、二桁に戻り、週末には15℃を予想していますので、今日は特別かも知れません。
でも流石に空気は澄みきっています。003.gif

イギリスの高速道路は、一部を除いて全て無料で利用できます。それは、高〜い税金に通行料が含まれているからなのですが、最近、有料道路もいくつかできました。無料の高速道路のすぐ隣に作られた有料高速道路。初めはガラガラもよいところでしたが、最近は、渋滞が少ないということもあって、利用者が増えました。今後はどうなることか。。。。
高速道路のことを "Moterway"と言い、M1とかM6とか、Mロードと言います。日本で習う英語では Expresswayだったと思いますが、イギリスでは使いませんでした。しかし、最近の有料道路を"Expressway"と言うようになり、Eロードと称するようにもなりました。。。
その昔は、列車だったり、カナルを使ったボートが高速道路の役割を果たしていたわけですね。045.gif
今日のsoundは、関係があるようで全然ないのですが、昔懐かしい 彼らのこの曲 にしました。
e0158619_4143086.jpg



イギリスの道路は、EとMという高速道路を除くと、A,B,Cロードがあり、Aロードは高速道路並みに整備された広くて大きめな道路です。そして、B、Cと続くのですが、Cロードとなると、トラクター1台分の横幅で、一方通行でもありませんから、譲り合いの精神がない限り、通り抜けることは不可能なのです。もちろん数十メートルに一箇所、車寄せが作られています。ヨーロッパは、馬車、蒸気機関車、ガソリンエンジン車を次々に作り出した国々のある土地柄、19世紀から車社会です。そのせいか、「道しるべ」などはとても正確。 そして、Cロードでも、しっかりと舗装されていて、車で何処にでも行けます。

高速道路での最高速度が70マイル/h(約113Km/h)から80マイル/h(130Km/h)に変わろうとしていますが、反対派も強く、揉めています。では、A,B,C ロードはどうか? 民家がある地域を除けば、ナショナル・スピード・リミットという道路標識があります。
e0158619_4384999.jpg

この標識のある道路なら、最高速度60マイル/h(96Km/h)で走行可能です。もちろんCロードにも適用されていますから、注意力が必要ですし、譲り合い精神も必須ということになります。最近、町中ではマナーの悪いドライバーが多くなりましたけど(特に女性!!013.gif )昔からイギリス人はヨーロッパの中では、非常にマナーが良く、反面、スピードはかなり出す!という民族のようです。(今昔物語かも。。。015.gif )

けっこうなスピードも出せて、途中で止まることもでき、景色が見られるなら、高速に乗らずAロードを使いたい!!と思うことがよくあります。
そして、お馴染みの湖水地方は、B, C ロードを知ってこそ、楽しめるというところです。017.gif
e0158619_452797.jpg
e0158619_4522975.jpg

Bロードからしか観られない、カンブリアン・フェル"Crinkle Crags"です。
e0158619_4544528.jpg


この日に行った先は、湖水地方を訪れた方なら、必ず立ち寄るところの、すぐ脇です。006.gif
e0158619_457492.jpg
e0158619_4572493.jpg
e0158619_4575080.jpg

どうです? カンブリアン・フェルとジャスパー君!016.gif
e0158619_4592792.jpg

制止を聞かずに、どんどん近寄る、お転婆娘!015.gif
e0158619_513671.jpg

P: なに?? なんかちょうだ〜い!!
e0158619_522714.jpg

町中は、観光客ですごい混雑なのに、ちょっと脇道に入ると、こんな風景なんです。045.gif
e0158619_54728.jpg
e0158619_54389.jpg


そして、フタリ!!010.gif
e0158619_552049.jpg
e0158619_554648.jpg



BFN・・・・029.gif


.
[PR]

by b-and-j | 2011-10-20 05:14 | Scenery


« blog-top.... << Autumn hills...      generation... g... >>