2008年 12月 07日
冬の散歩道・・・その2
-----☆Season's Greetings☆-----
e0158619_6465925.jpg
-----☆☆☆☆☆-----


タイトルの話題に入る前に、ちょっとだけ。。。。
もう四半世紀ほど前、マンチェスターの、とあるクラブで偶然に観たバンドがありました。卓越したヴォーカルで、とても「黒っぽい」曲を聴かせてくれた、The Simply Red (ザ・シンプリーレッド)。。。その後、初アルバムが大ヒットとなり、とても嬉しかったものです。実力派のバンドは、どんどん人気が出て大スターとなりました。
e0158619_6562533.jpg
彼等が「さようなら世界ツアー」に出るそうです。このツアーが終わった時点で、解散です。このヴォーカルのミック・ハックネルを初めて観たとき、彼は若かったけど「上手なヴォーカルでセンスもいいのに、なんて不細工な男の子だろう。。。」と思ってしまった私でした。解散となると、ちょっぴり寂しいですが、彼の新たな音楽を楽しみにします。
-----------------------------


さて、今日のご紹介は昨日の続き、ハイ・フィールドを横切って、男子グラマー・スクールのアッシュトン・ハウス寄宿舎の方向へ渡ります。ここは渡ってから、ハイ・フィールドを振り返ったところです。
e0158619_753011.jpg

そしてここ、ウィリアムソン・パークの正面玄関です。
e0158619_764476.jpg
ここは、車も入場できるので、遠くから車で来るワンズもいます。左側の細い木の脇にウ○チバッグが置かれていますので、入場の際は1〜2枚いただいて行きます。
e0158619_7331650.jpg
こうやって、エッチラ、ホッチラとなだらかな上り坂を登っていきます途中疲れたら、このようなベンチで休めばいいわけです。でも、ふたりが休ませてくれません。。。ここは車も通るところなのでリードを放しませんから。。。
e0158619_7401524.jpg
道の左右は、こんな感じです。岩質なのに木が何本も立ってます、植物って凄いですね!
e0158619_7423995.jpg

このようにして、一番上の方にあるアッシュトン・メモリアルまで続きます。
この続きは、また明日。。。。







今日はまた冷え込んでいます。Mummyとぼくたちが昼間過ごす部屋の暖炉に火を入れました。
e0158619_747061.jpg
ぼくもフィービーも暑がりなので、暖炉の傍にいるのは、ちょっとの時間だけです。


今夜は満点の星空でした。すでに芝がキラキラしてましたから、明日も寒そう。。。日本も寒気がはいったそうですね! 冷えは万病の元、ご自愛くださいませ!!
[PR]

by b-and-j | 2008-12-07 08:06 | Scenery


« blog-top.... << 冬の散歩道・・・その3      冬の散歩道・・・その1 >>