カテゴリ:Scenery( 108 )

2008年 12月 07日
冬の散歩道・・・その2
-----☆Season's Greetings☆-----
e0158619_6465925.jpg
-----☆☆☆☆☆-----


タイトルの話題に入る前に、ちょっとだけ。。。。
もう四半世紀ほど前、マンチェスターの、とあるクラブで偶然に観たバンドがありました。卓越したヴォーカルで、とても「黒っぽい」曲を聴かせてくれた、The Simply Red (ザ・シンプリーレッド)。。。その後、初アルバムが大ヒットとなり、とても嬉しかったものです。実力派のバンドは、どんどん人気が出て大スターとなりました。
e0158619_6562533.jpg
彼等が「さようなら世界ツアー」に出るそうです。このツアーが終わった時点で、解散です。このヴォーカルのミック・ハックネルを初めて観たとき、彼は若かったけど「上手なヴォーカルでセンスもいいのに、なんて不細工な男の子だろう。。。」と思ってしまった私でした。解散となると、ちょっぴり寂しいですが、彼の新たな音楽を楽しみにします。
-----------------------------


さて、今日のご紹介は昨日の続き、ハイ・フィールドを横切って、男子グラマー・スクールのアッシュトン・ハウス寄宿舎の方向へ渡ります。ここは渡ってから、ハイ・フィールドを振り返ったところです。
e0158619_753011.jpg

そしてここ、ウィリアムソン・パークの正面玄関です。
e0158619_764476.jpg
ここは、車も入場できるので、遠くから車で来るワンズもいます。左側の細い木の脇にウ○チバッグが置かれていますので、入場の際は1〜2枚いただいて行きます。
e0158619_7331650.jpg
こうやって、エッチラ、ホッチラとなだらかな上り坂を登っていきます途中疲れたら、このようなベンチで休めばいいわけです。でも、ふたりが休ませてくれません。。。ここは車も通るところなのでリードを放しませんから。。。
e0158619_7401524.jpg
道の左右は、こんな感じです。岩質なのに木が何本も立ってます、植物って凄いですね!
e0158619_7423995.jpg

このようにして、一番上の方にあるアッシュトン・メモリアルまで続きます。
この続きは、また明日。。。。

おまけ。。。
[PR]

by b-and-j | 2008-12-07 08:06 | Scenery
2008年 12月 06日
冬の散歩道・・・その1
-----☆Season's Greetings☆-----
e0158619_8161218.jpg
-----☆☆☆☆☆-----


今日は夜まで、ジャスパーとフィービーと私だけで過ごしていました。幸い、寒さも一段落、そして雨も降らなかったので、良い時間帯にふたりを連れての散歩、コンデジを持って行くことが出来ました。毎日ふだんの散歩は、こんなところを歩いているのです!!イングランド内陸やロンドン近郊の平坦なところと違って、起伏が激しい場所ですし、私たちは町の一番高台に当たるところにいます。

まずは、先日小径を通り抜けたところをご紹介しましたが、そのフィールドに行きます。この写真の右手です。この道を行くと我が家があります。ふたりの頭を入れてみました。
e0158619_8263584.jpg
あっ、この黄色い入れ物は、路面凍結を緩和する塩入の砂が入っているのです。
e0158619_8273212.jpg
かなりの雨続きだったために、フィールドの大半がぬかるんでいるので、最近は、ここをパスしてしまいます。。。今日は写真のために入ります!…>_<…
e0158619_8312887.jpg

ずーっと上のまで登ったところ、上の写真の反対側です。分かりますか??ボール遊びにも良くて、遠くカンブリアの山々も見渡せます。今日は残念ながら今ひとつでした。。。
e0158619_834925.jpg

↑この下段の2枚、遠くに雪冠の山が、ちょびっとだけ見えるのですけど。。。。
ロンズデイル・パイクです。

おまけ。。。
[PR]

by b-and-j | 2008-12-06 09:10 | Scenery
2008年 12月 05日
雪はなかった。。。。
-----☆Season's Greetings☆-----
e0158619_7583913.jpg
-----☆☆☆☆☆-----


期待していた雪は、結局、ここランカスターには降りませんでした。。。。

昨日はこんな感じで、凍っていました。。。小鳥たちのための水場はコッキンカッキン。。。
e0158619_749144.jpg

そして今日、病院からの帰りのバスの中から。。。。窓の水滴、見えますか?
e0158619_7514264.jpg

病院に行くだけでも憂鬱になるのに、こんなにグレーな、暗い一日だったんです。。。

ですから、とっておきの1枚を、HPにアップする前に特別にお見せしちゃいます!!

こちらですよ☆
[PR]

by b-and-j | 2008-12-05 08:07 | Scenery
2008年 12月 01日
霧の都。。。
昨日は、出かけるための準備もあったのですが、予定以上に早起きしてしまいました。
そして、余裕を持って9時に家を出ましたら。。。。。
外はこんな感じになっていました。これ、午前9時の時点の我が家の近所です。
これはカラー写真です。白黒に加工しているわけではないのです。。。
e0158619_732931.jpg


イギリスの首都ロンドンはその昔「霧の都」と呼ばれました。ところが、ロンドンの霧はスモッグであったというのが本当のところだったようです。もちろんロンドンも霧に覆われることもありますが、このイングランド北西部やスコットランドのほうが、霧を観ることが多いと思います。
そして、午後には晴れるかと思ったら、逆で、もっと霧が深くなってしまいました。
e0158619_7385018.jpg

そして、こんな感じだったり。。。
e0158619_8351629.jpg
e0158619_7441752.jpg

そして、もっと雰囲気出してしまうと。。。。
e0158619_8375652.jpg

私のような年齢の人たちには こんな曲 が似合うように思ってしまいませんか??

早起きのわけは。。。
[PR]

by b-and-j | 2008-12-01 08:49 | Scenery
2008年 11月 27日
冬の始まりかな。。。
ブログサーバーのメンテナンスなどがあり、ご訪問いただいた方には、不具合があったこと、お詫び申し上げます。何せ、まだ不慣れな初心者なもので、自分でもびっくりしてしまいました。。。

さて、今日は、気持ちよく晴れたので、近所の郵便局まで行くのに、ふたりも連れて行きました。すると、すっかり落葉した木々ばかり・・・・冬の始まりだと実感しました。

ここは郵便局から登ってきたところにある小径。ワンズがいなければ、ちっと寂しい道です。石壁の向こう側は、男子グラマースクールのボーディング・ハウス(学生寮)です。とっても素敵に改築したガーデイナー・ハウス(全部で3つの学生寮があり、全て○○ハウスとなってます。ハリー・ポッターでもそうでしたよね!)
e0158619_921349.jpg


ふたりも楽しそうです。
e0158619_95948.jpg

抜けると我が家のある道に出ます。ほらね、木々は、すっかり裸ん坊です。右手の建物は、もう一つの学生寮、アッシュトン・ハウスです。前方にアッシュトン・メモリアルが見えます。
e0158619_9121413.jpg

道沿いのお宅のお庭の木々も、もう葉っぱがありません。。。
e0158619_9194062.jpg

そして、いましたー!!また働き者が!!
おーい!ここでも元気玉持っていってね!!そして哲兄さんに渡してね!!
e0158619_921458.jpg


おまけ。。。
[PR]

by b-and-j | 2008-11-27 09:40 | Scenery
2008年 11月 23日
いきなり寒くなりました。。。
昨日、雨が止んでくれれば、寒くてもいい!!なんていうことを書いてアップしてしまったら、希望が叶ってしまいました。。。いきなり4℃なんていう気温です。ということは、明日の朝は霜が降りているかな??
e0158619_6562795.jpg


今日は土曜日、市場の建つ日です。ランカスターでは毎週、水曜日と土曜日に市場が建ちます。でも、普段、車じゃないと買い物に行けないようなお店(ファームハウスフードなど)の他は、お野菜などは二級品を扱っているので、品物を見定めてから買います。
中心には、インドアのマーケットがあり、そこは毎日買い物できますが、閉まる時間が早いのです。チョキ足君などを扱っているお肉屋さん、そして、唯一新鮮なお魚を扱っている魚屋さんも、そこに入っています。結局、今日はお魚屋さんだけしか買い物しませんでした。

インドアのマーケットに行く途中、こんなチャリティショップが出ていました。
クリスマスショッピングの時期ですから、こういったチャリティショップも特設のお店を出すようです。これは、猛禽類保護の目的みたいでした。最初はフクロウの剥製かと思いましたが、みなさん本物で、とってもお利口さんにしていました。タウニー・フクロウの名前は、なんと「ピカチュー!」ロープ際の緑色のバケツに小銭を入れられますし、反対側では、フクロウのフィギュアや ぬいぐるみ などを販売していました。
e0158619_6572834.jpg


その後、歩いたカナルウォークです。街中を通っているカナルですから、両岸共に舗装され、ベンチが置かれて、休めるようになっています。↓
e0158619_725794.jpg


この辺りは、なかなか凝ったデザインのベンチが置かれています。
e0158619_742196.jpg


そして、人なつっこいダックたちが集まってきます。↓
e0158619_75475.jpg

水面に落ち葉もあって、なかなか いいかな??

おまけ。。。
[PR]

by b-and-j | 2008-11-23 07:29 | Scenery
2008年 11月 22日
青空の隙間から。。。
今日は珍しく、午前中だけですが青空が顔を出しました。
どうやら今晩から週末にかけて、平年並みに冷えるようです。こうなると、寒くてもいいから、もう雨は止めてちょうだい!!という気持ちでいっぱいです。

庭に出て空を見上げると、いました!いました!!働き者たちが!!
東京に元気が必要な方がいらっしゃるそうです。雨続きで有り余った元気、超特大の元気玉を届けてね!!
e0158619_8314221.jpg


そして午後の4時近くなると、すでに日がかげってきます。。。。
我が家の最上階の各部屋から撮りました。高感度で、かなり明るくしてありますが、ノイズが大きいですね。。。。右上、カンブリアの山々が見えるんですけど、わかりますか?!
e0158619_835937.jpg


おまけ。。。
[PR]

by b-and-j | 2008-11-22 08:50 | Scenery
2008年 11月 10日
落葉樹たちの鮮やかなフィナーレ。。。
イギリスの特に北部及び北西部は晴天に恵まれることは少ないと言えます。でも、今年はいつもよりも更に酷いかもしれません。。。。その分、気温は暖かいようです。

メインHPのJasper's Journalをご覧いただいている方には重複してしまう写真もあるのですが、散歩道の秋色を観てください。
e0158619_7262950.jpg

↓木の葉の絨毯。雨さえ降らなければ、踏み心地最高!
e0158619_7281238.jpg

↓これは庭の秋色、ツツジです。
e0158619_7304323.jpg

↓Crook O'Luneの散歩道は、サイクリングパスでもあります。
e0158619_7343919.jpg

↓秋色をバックに!
e0158619_7355248.jpg

駐車場の入り口にあるお店では、サンドイッチや飲み物があり、ちょっと一休みできます。寒いときは、ホット・チョコレート!陶器のマグで出してくれるのが嬉しいです。↓
e0158619_7383790.jpg


今日は雨で強風でした。それでもボニーの想い出の場所を訪ねたのですけど、雹は降ってくるし、散々でしたぁ。。。。
[PR]

by b-and-j | 2008-11-10 07:58 | Scenery


« blog-top....