2011年 05月 27日
お疲れ様でした♪
今日は号外です!
私の大好きなフラットコーテッドレトリバーのショーチャンピオン
ジェット君こと、SH CH VBOS THE KENTUCKIAN は、5月22日にあった、The Scottish Kennel Club展(スコットランドのケネル クラブ)でのBIS(ベスト・イン・ショー)で、史上最高の記録を打ち立て、これをもって引退することになりました。
e0158619_6442658.jpg


今まで誰も追いつけなかった、CH SHARGLEAM BLACKCAPの記録を追い抜き、名実共に史上最高のフラットコーテッドレトリバーとなりました。024.gif
e0158619_6221041.jpg

もうジェット君の華麗な姿がショー会場で見られないと思うと、ちょっぴり悲しくなります。。。。007.gif

ブレット君こと、CH SHARGLEAM BLACKCAPを越える仔が出てくるまでに、30年かかったことになります。
果たして、30年後には、ジェット君を越えるような仔が現れるでしょうか?? 
オーナーであり、ハンドラーでもあるアーヴァインさんは、これからもショーに関わって行かれます。今は、ジェット君の娘を引いていますから、今後が楽しみです。
でも、アーヴァインさんあってのジェット君の快挙でもあります。このふたりの絶妙なコンビネーションで、史上最高記録を勝ち取ったことは間違えありません。

今後は、自由気ままな「フリーレンジ・ドッグ」として、長生きの最高記録に挑戦して欲しいと心から願っています。いつか、エディンバラ郊外にある、もう一人のオーナーであり、お世話係のイアン・ロスさん宅を訪ねてみようと思います。

ジェット君のおかげで沢山感動できました。そして、FCRが如何に美しい犬種であるかを再確認し、実感できました。
心から感謝しています。ありがとう!ジェット君。

※ジェット君のショードッグ最後の晴れ姿はアラン・シーモアさんの写真サイトでご覧になれます。

SH CH VBOS THE KENTUCKIAN 全成績:
64 CC (SH CH のタイトルを取るためにはCCは3つ必要になります。それが64もあります)
BIS(ベスト・イン・ショー全犬種1位)3回(2万頭以上の出陳があるCrufts展、及び、Scottish Kennel Club展を含みます)、RBIS(リザーヴ・ベスト・イン・ショー全犬種2位)3回、グループ(ガンドッグ)1位 15回、サブ・グループ 1回、グループ2位 8回、グループ3位 3回、グループ4位 1回という成績でした。
因みに、それまでの頂点だった CH/IRI CH SHARGLEAM BLACKCAPは、ジェット君の父方4世代前の祖先で、63CC, BIS 3回という成績を残しています。しかし、1970年代から80年代にかけてのFCRの登録頭数を考えると、ジェット君の快挙は、ブレット君を遙かに上回ることになります。


それでも、私にとっては、やっぱりジャスパーが一番ですけどね。006.gif



BFN・・・・037.gif

.
[PR]

by b-and-j | 2011-05-27 06:53 | UK dogs


« blog-top.... << フリーレンジ・ドッグを考える。。。      Chain of fools... >>