2011年 08月 11日
資本主義の落とし穴。。。
8月6日の土曜日に、ロンドンで始まった若者たちの暴動は日に日に北上し、イングランド各地の大都市で同じ様なことが起きています。
幸い、私どもの暮らすランカスターは、マンチェスターなどと違い小さな田舎町ですので同じ様な処遇の若者たちがいても、暴動となっていません。
大変にご心配をお掛けして、申し訳ありません。お陰様で、首都で暮らすBrother J 048.gif とSister F 018.gif も、比較的住宅地に住んでいるので、巻き添えにならずにすんでいます。(暴動に参加もしていませんのでご安心ください!027.gif )
今日のsoundは、争いが何の意味もない、如何にバカらしいことか。。。 彼らのこの曲
e0158619_552379.jpg


数年前にフランスのパリで大きな暴動がありました。フランスも沢山の移民を抱えている国ですが、移民とその家族をパリの景観から消すために、パリ郊外に簡易な公営住宅を造り、移り住まわせたのが、かれこれ数十年前。訴えることを知らない移民たちは、住宅の修繕もされていないところに住み続け、貧富の差が広がるばかりでした。今も改善されていないと思います。そして、暴動が起こったのでした。

今回ロンドンで始まった暴動は、パリのそれとは違います。イギリスの移民たちは放っておかれることはないので、教育も受けられますし、低所得者には、手当もでますから、それなりの生活ができます。それどころか、中高校生なら子供手当の他に、本及び文具代という名目で、毎週お金が与えられます(日本円で毎週5〜6000円分相当)から、1ヶ月分にすると、ちょっとした収入です。ただ、本や文具に廻ることはなさそうです。

暴徒たちは移民ばかりではなく、しっかりと白人の元祖イギリス人も含まれています。
そういった子供たちが、きちんと勉強して就職するという事はないようで、無収入であることで手当を貰って生活できてしまう。
彼らのことを"Chavs(チャブス)"と称しています。その意味は"Council House And Violent Scums"(公営住宅と暴力のカス)で、ほとんどがフード付きのトレーナーを着て、髪はスキンヘッドで、野球帽を被っています。
e0158619_7415121.jpg


手当のない頃の低所得者は、食べるために必死で働き、子供たちを躾けて教育を受けさせたものでしたが、手当に甘えた人々は、働かなくなりました。それを見て育つ子供たち。「子は親の鏡」とはよく言ったものです。。。そして、情報量が半端ではなくなった昨今、不満が募るだけとなり、退屈だから意味のない暴動を起こす結果となったようです。。。。
先頃のロンドン学生運動との大きな差、そう、ちょうど「自由と勝手の大差」と同じように思います。


さて、前置きが長くなってしまいました。
こんな暴動が発生していた日曜日に、ホース・ドライブのトライアルを観に行ってきました。001.gif

以前は先日ご紹介したLowther Castleのある湖水地方北部の Penrithで開催されていましたが、数年前からここに近い Holcker Hall の敷地内で開催されるようになりました。
馬車のトライアルですが、馬車が現代の車の原形であることがよく分かりますし、そのドライバーたちの手腕は、見事なもの!思わず拍手してしまいます。
こういう感じの馬車が・・・
e0158619_6563715.jpg

コースに従って、こういうところを抜けていき時間で争われます。ボールを落としたら1つにつき3ポイントのペナルティです。
e0158619_6574848.jpg
e0158619_658122.jpg

2頭曳きポニーたち。なんだか、メタボちっくなポニーさん。。。でも速いの!!005.gif
e0158619_701331.jpg
e0158619_704777.jpg


そして、タンデム!! (自転車のタンデムと同じで、2頭曳きでも前後に馬を配置します)
e0158619_715830.jpg

ムチもなが〜い!
e0158619_724167.jpg

この白い仔の馬車は、ナショナルチャンピオン!
e0158619_7487.jpg

そして、私が観たかった大迫力の4頭曳き!!!017.gif
e0158619_733576.jpg
e0158619_75214.jpg

そして、最もコンペティティヴな1頭曳き! タイムの争いは凄いものでした!!
e0158619_774738.jpg
e0158619_781392.jpg

この女性がドライブする、この仔の馬車が優勝しました!
e0158619_791744.jpg


ぼくたちも、リング脇で観戦していましたよ!! 色々な人に「良い仔!!」をして貰えました。
e0158619_7105733.jpg

あのですね、、、凄い人に「イイコ」してもらっちゃったんです。。。その人はフィービーよりも僕が好きみたいでした。。。045.gif
e0158619_7122279.jpg

その人とは・・・・この人!!

御年90歳となったフィリップ殿下!
e0158619_7135440.jpg

ご存じ、国王エリザベス二世の夫君であります。005.gif
e0158619_7161023.png

馬の競技が大好きな彼、お忍びでいらしていて、それも自分でレンジ・ローバーを運転して私たちの後ろに止まり、ちょっとだけ出ていらっしゃいました。
何気なく近寄られたので、普通に挨拶しましたが、Daddyが気づき「もしかして、殿下?」と言ってしまったら「し〜!!」って。。。006.gif
ジャスパーとフィービーは、殿下の撫で撫でに大喜びでした!


BFN・・・・029.gif


.
[PR]

by b-and-j | 2011-08-11 07:55 | sigh.....


« blog-top.... << darling stand b...      あまりにも突然の旅立ち。。。 >>